スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロンポバッタン山 (Gunung Lompobattang) 後編
インドネシアでのネット環境の悪さにはほとほと疲れさせられる。
とにもかくにも写真がアップできないのがつらい。

これからは、写真抜きでとにかく中身を書いていくことにします。できる限り。


さて、後半。
1月17日
とにかく、なぜか団長の起床が早い。朝6時とかには起きて、なにかしていた。
あとで、確認すると竹を使って灰皿を作っていた。すげー。

そして、我々(keizaf & Rion)は、10時ぐらいに起床。やる気ねぇ。

ゆったり準備してると、雨が降ってきて、あぁ、今日は中止だなぁと思っていたら、突然の本降り。
keizafさんが大きな声で、batalを宣言!!ロンポバッタンの家の中が騒然とした (大爆笑)。とにかく、やる気ねぇ。


そして、とりあえず、この日の目標を、“マダラクワガタ” にすることでやっとこせ重い腰をあげたのだった。

とにかく、日本で採れるような赤枯れの材を割りながら先を進む。
なかなか、良さげのものがなかった。

しかし、登山口に入ってすぐに、良さげな立ち枯れおよび倒木を発見!

「日本だったらこんなのにいるんですよねぇ」と言った矢先。
keizafさんが「もしかしてこれ!?」と丸いあれを見せてきたのだった・・・。完

あっけなさすぎて、逆にビビった。その後、材を少し割ったらドヒャーと数十個体。幼虫もちらほら。まだまだ、割り残しの材をたくさん残してこの量。
日本に帰る前にまた、行くのでその時にはほとんど回収してやるぞー☆

そして、その後はゆっくり一日を過ごしたのであった、お昼寝したりして。
夜は大雨。虫捕り無理-。

1月18日
街へ帰還の日。通称、batalおじさん (batal宣言に最もウケたおじさん)にお別れを告げ、一同車に乗り込んだ。
途中、サムスル家によって、虫達を見せてもらうことに。
写真撮り忘れたけど、2、3年で集めた数千個体のクワガタが一番印象的だった。
その中には、数個体だが、ギナンドロモロフが混じっていたようだ。
それをルディがかなりの安値で買い取っていた。これもある意味、彼らしい一面を垣間見せてくれたように思う。

マカッサル着いてからは、いつものKAORIにお世話になり快適な都会暮らしを満喫して、一日を締めくくった (笑)

こうして、1度目のロンポバッタン山が終わった。しかし、まだ、あと一回この山へ、行かねばならない。マレーゼ回収とマダラ採集のためである。
マレーゼにデオキノコ入ってないかなぁ。

※画像は後程アップします
スポンサーサイト


| 17:18:44 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
No title
あぁ酔った
いまならギナンドロモロフになれる気分
2013-02-15 金 23:26:12 | URL | toramushitei [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。