スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロンポバッタン山 (Gunung Lompobattang) 前編
さて、長らくの沈黙を経て、久しぶりのインドネシア採集旅行が始まることになりました。

今回は、一人じゃないので、すっごく気が楽であるのは言うまでもない(圭三さん: 以下、keizafさんという心強い味方がいることが一番有り難い)

2ヶ月間の滞在予定で、始まりは、スラウェシの南(マカッサルからさらに南)の山、ロンポバッタン山 (Gunung Lompobattang)からである。


1月14日
関空を出立し、仁川空港(大韓民国)を経由し、インドネシアへ。

 

仁川空港では、昆虫研OBの岩田さん (以下、団長)と合流する。前評判(keizafさんからの)を聞いていたのだが、気が合うか少し不安に思っていた。しかし、"大変" 面白い方だったので、すごく旅が楽しくなる予感がした。



この日は、バリ島のデンパサールで一泊予定。keizafさんのツテを頼って、Hotel sari innでゆっくりと時間を過ごす。
運転手のマデーと食事して、風呂に入ってすぐに床に就いた。

1月15日
朝起きて、飛行場へ。マカッサルへ行くためである。
飛行場へ着いてさっそく、団長 がいろいろ紛失しかける。

最初の検査場所でバッグを取り忘れ、その後、搭乗前の検査でナイフを没収された。
結構大爆笑 (笑)、ちょっと忘れっぽいらしい。

とりあえず、いつも通りの30分以上の遅延。
なんとか、なじみ親しんだマカッサルに到着。もはや海外に来た感覚ではないのが不思議 (笑)

そして、採集人ルディと出会い、すぐにGunung Lompobattangへ向かってひた走る。

約5時間かけて、いつもの家 (ca. alt. 1700m)の家に向かう。途中 (ca. alt. 1400m)にある家でくつろぐのだが、前回は”ちょびヒゲだった”おじさんがちょびヒゲではなくなっていた。しかし、あいかわらずの面白さにいろいろ楽しませていただく。

その後、いつもの家に向かうのだが、そこに住まう人たちは出払っていた。しかし、鍵を借りてきて、勝手に使用するという適当さ。インドネシア人の心の広さに感服するばかりだ (まぁ、お世辞にも家は綺麗とは言えないが)。

そして、着いてすぐに、ルディおよび運転手ハリーによる夕飯の作成が始まった。その間、keizafさんは自前のウィスキーで早めの晩酌に勤しんでいた (ちゃっかりルディも飲んでいた)。

ご飯は、ラーメンご飯と魚の塩辛めのやつだった。正直うまくない。あいつら料理下手だな。

食べた後、団長と少しだけ夜の採集に向かい小さいクロツヤを採って、すぐ寝た。

1月16日
朝は、寒さと眠たさとともに起床。
この日は、keizafさんが仕掛けなければならないマレーゼが5機もあるので急いで登りセットする。

相変わらずの道のり、去年よりも大分、山が開拓されていて、いろいろ虫が採れるか心配になるも、上の方は相変わらずだった。

なんとか5機を仕掛け終わる。サムスルの助力のたまものですぐに設置が完了する。すっげーぜ、サムスル。

帰り際に団長が欲しがっていた”でっかい”クロツヤを探す。

なんとか1本材を当てて、数個体を割出した。keizafさんがやっていたのはかなり貴重な画像だとおもうんだけど(笑)


ちょろちょろ採集しながら帰路に就く。
そして、・・・・寝た。何しに来たんだか(笑)

夜にライトトラップをしたが、しょーもないものしか来ないし、雨降るしですぐに寝た。


※画像が中途半端ですが、後程upしようと思います。
スポンサーサイト


| 18:28:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。