スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
すごいぞ、ポントロ山(2日目)
6月23日。

とうとう、始まる山登り。



すでに、みんな意気消沈。テンションは低い。

どうにか気持ちを奮い立たせて、歩き出す。



ポントロ山は、どうやら、下画像中央の一番高い山の裏側にあるらしい。



すでに遠すぎて、気持ちが萎えそうになる、も我慢してとにかく歩く。

私の背負っている荷物は、今回、少なくしたが、それでもおそらく15 kgはあるだろう。

しかし、ヘル、イキ、イオンの背負っている荷物は明らかに30 kgを越えている。たぶんに40 kg後半かと・・。



こいつら、すごすぎる。まぁ、帰りは、私と同じかそれよりも軽くなるのだけれど。







川や水のある場所に設置されたチェックポイント、Pos1、Pos2を過ぎていく。





ちなみにこの案内板、mapala tarantulaが立てたらしい。頂上近くのポイント、Pos6が最後だそうだ。



途中に見かける、キノコから、デオキノコの小っちゃいのを回収していくと同時に、500 m地点にFITを仕掛ける。

それにしても、この山登りの醍醐味といえば、ロタンとの闘いである。

今回、ロタンによる大きな被害は特になかったので、良かった。





この鋭い棘は、新鮮なロタンにおいて非常に硬く、ぜんぜん折れない。
そして、最悪なことに、古いロタンは棘が折れやすく、手や足に棘が刺さって折れることがしばしば。その後、それを抜くのに苦労するのである。



そして、夕方4時くらい。Pos3到着。小さな川がすぐそばにあり、ここにテントを張り、泊まった。標高約1000 m。トラップを仕掛ける。

この日も、結構な雨が降った。正直虫捕りどころではない。はぁ。

事前に圭三さんよりもらっていた情報によると、バビルサが多く生息しているため、めっさたくさんのダニに悩まされるとのこと。

私は、噛まれなかったが、他のメンバーが相当数のダニにやられていた。後に私もやられるのだが。

それよりもヒルにやられた数の方が多かった。


ご飯を食べて、だべって、就寝。
スポンサーサイト


日々 | 13:44:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。