スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Scaphidium celebense?
Lobl博士とやりとりをしていて、その中でS. celebenseという種類について話を聞いてみた。

そしたら、どうやら、ジュネーブの博物館に過去にそれと同定した標本があったので、特徴を教えてもらった(Picの記載からは、よくわからなかったので)

そうすると、以下のような特徴があることが判明。

・前胸背板の中央部が少し黒ずみ、残りは赤みがかかる。
・上翅の基部と会合線沿いが黒ずむ+中央部に黒い斑紋をもつ。残りは赤みがかる。

おー。今、手元にある標本にそれらしいものがなーい。

と思ったら、今回のTilongkabilaで近縁種と思われる種をゲットしていた。2個体だけだけど。



うーむ。しかし、赤みがかるというよりこれは黄色みがかっているぞ。

これは、ぜひともLobl博士に標本をお借りしなければならないなぁ。

スポンサーサイト


| 16:36:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。