スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4月20日
今日から, インドネシアでの日々が始まるので, その記録を付けていこうと思います。
なるべく, 毎日つけていきたいと思います。

それでは, 今日の出来事。

今日は, 怒涛の1日であった。

まず, スタートは, タクシー。朝9時に乗り込んだタクシーに少しぼったくられた。まぁ120円程度なのだが, 少し腹が立つ。

その後, 難なく10時前からLion Airのチェックインカウンターに並び, 順番が回ってきた。

クレジットカードで買ったチケットの電子チケットを見せると, クレジットカードを見せろと迫ってきた。

16桁の番号がないと認証できないという。

しかし, 親のクレジットカードで決済したため, 持ってくるはずもなく, 持ってきていないと伝えると, とりあえず, 新しいチケットを買って来いと言うのだ。

とにもかくにも急いでチケット売り場に行って, おっさんにチケットを見せて新しいのと変えてくれるよう頼むと, すぐにおっさんは動き始めた。

が, しかしこのおっさん意外と仕事が遅かったのだ。

10時を過ぎ, 15分を過ぎた。ちなみにフライトは11時。おっさんに“早く早く, 時間がないんだ”と伝えると今やってるよという感じで身振り手振りで返してきた。

とうとう30分を過ぎ, 40分近くになってようやっとチケット(この間も何度も何度も催促したがなかなか発券してくれない)が出てきて, すぐ購入し, ダッシュで受付へ。

受付は信じられないぐらい人が並んでいて正直焦った。

しかし, 荷物をキープしておくように受付のお姉さんに頼んでいたので, 並ぶ人たちを無視して, permisiを連呼して, モーゼのごとく割って入っていった。

ここでまた, 問題が発生。

渡したチケットでは発券ができないとかお姉さんが言い出しやがった。
さっきのおっさんがすぐ呼び出されて, おっさんがダッシュでチケットを発券に向かう。

なんとか発券できて, 出発予定時刻11時の8分前にようやく搭乗ができた。

もう汗だくの冷や汗もの。死ぬかと思った。

もうこれだけでも今日は終わってもいいのだが, 残念ながら今日はKAORIに入校する日なのだ。そのために多くの方々と触れ合うことに。

スタートがまず, 若い女性Niniさん。この日の最後までずっと付き合ってくれた。

次にKAORIの受付嬢のイラさん(スペルがわかんない)。

KAORIに住んでる日本人のすぎもとさん。パンクブーブーの佐藤似な感じ。

Rini校長。すごく綺麗な方だった。というか予想していたよりずっと若い。

Agnesさん。ハサヌディン大学の教授。すごいでかい豪邸に住んでた。日本語ぺらぺら。

リザさん(スペルがわかんない)。関西に5年間住んでたらしい。

なんかこう見ると女性としか話していないなぁ。もっといろんな人と話すことにしよう。

明日からは, まずインドネシア語の単語を覚えるところから始めようと思う。

詳しく書くともっとたくさんあったけど, とりあえず眠いので寝ることにします。


スポンサーサイト


日々 | 01:08:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。