スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドネシア・スラウェシ島におけるリサーチビザ (research visa) 取得の流れと調査地での動き(後編)
考えれば、後編を忘れていたので、とりあえず、簡単に。

帰国の日が迫ってきて、約4日前ぐらい。

ゴロンタロから帰国してかなりだらけていた。
約2週間前には出さなければならなかった書類があったのだが。

遅くなってしまった。何をすればいいのかそして、何を出すのか、まったくわからんので、とりあえず、いつもお世話になっている kator imigrasi makassar に向かう。

ぐえっ!!

書類を受け入れ先の大学から取って来いと言われる。書類名はepo: exit permit only。

だからさー。最初に言っといてよ、そういうのはさ。

帰国の日まで残り3日。
事務局へ行き、書類を出してもらう手続き。一日では出ないだと?!しかし、とにもかくにも急ぎであることを告げると、なぜか、その日のうちに仕上がる。

それなら最初から1日で仕上げてよ・・・。

ということで、その書類と、kantor imigrasi makassar事務所近くの売店で、形式的な書類を来た時のようにまた買う。

その書類をまとめて、提出。以上。

提出書類は、以下の通り (だったはず)。
1. epo: exit permit only
2. パスポート
3. 形式的な書類一式。

出したら、次の日に取に来いとのこと。ちなみに次の日は、帰国の日 (笑)
帰国の日のお昼1時頃取に行って4時半の便に乗り込む予定。

だが、しかし、ここで、やはりインドネシアという事態が!!!
書類がまだ出来上がっていないらしい。ふざけんなや。約1時間かけて出来上がる。

時刻はたしか2時半ぐらいか3時。空港までは30分ぐらいかかった。
結果、ぎりぎり3時半から4時の間に到着し、何とか事なきを得た。



ということで最後の後編でした。

次からは、もっと早くに書類をもらって出すことを心がけよう。うん。

次は、社会文化ビザの取り方について書いておこうと思う。


スポンサーサイト
日々 | 02:21:51 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。