スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月29日
うむ。今日は、昨日受け取った3つの書類をそれぞれの機関に提出しに行った。

まず、Kaoriから一番近いWalikotaへ。

どこに出せばいいねん。

先週の金曜日もそうだったが、片っ端からその辺のおっさんやらおばはんに聞いて回る。

たまたま、質問したおっさんがなんと少し日本語できた。どうやら、日本に3年間住んでたらしい。

ただ、めっちゃ話しかけてきて少しうざかった。
そして、ここの人はいつも同じ質問なんだが、インドネシアで恋人は作らないのかとかインドネシアで恋人作って結婚したらいいじゃないかとか。

ほんとどーでもいい。まぁ、でもそれがここの人のいいところでもあるのかな。

すぐに書類の手続きが終わって、次に軍隊へ。

入り口で聞いて、中で聞いてすぐに場所が分かった。

そして、提出。出すだけだった。

次に警察署poldaへ

遠い。pete-peteで軍隊から40分ぐらいかな。

警察署は、先週金曜日にも来ているので手慣れたもので、さくっと提出して、UNHASへ。

ただ出すだけのために何時間かかるねん。すっげーめんどくさい。

UNHASのpkpに行くと、Nhiniさんもいた。

今日でproposalを先生方全員に提出したいらしく必死に先生を探していた。
どうやら、全員に提出できたようで、すっごく喜んでいた。

そんで、暗くなるまで、おしゃべりして、

帰りにご飯を一緒に食べに行った。







Mie titi(kering)とMie bali・・・(名前忘れた)

うん。すっごいおいしい。また、食べにこよう。こんどは慧子やん、EvelyneとかFaibといっしょに。

※画像は後程入れます。しばらくお待ちください。


スポンサーサイト
日々 | 01:15:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月28日
この日は、2回目の州知事gubernur(県庁?)へ行った日。

先週金曜日に一人で書類を提出しに行ったのだが、説明がよくわからないと言われ、スポンサーかそのスタッフを連れてきて説明してくれと言われたので、Nhiniさんに助けてもらう。

別に大したことなかった。なんかちょっとやるせなくなった。

そして、また、3通の手紙を受け取った。これを、警察署と市長walikota(市役所?)と軍隊tentaraに出しに行く。

めんどくさい。どれも遠いし。

UNHASへ戻り、pkpでEvelyneさんとNhiniさんと作業をしながら、時間を共にした。



どうやら、Nhiniさんは卒論の準備に大忙しのようだ。

と、中身を見せてもらうと、



???。proposal jadwal?

計画だと!?なんと、インドネシアでは普通らしいのだが、研究を始める前にプロポーサルを提出して、様々な先生の合格をして初めて研究が始まるとのこと。いちお試験らしい。ちなみに、このproposal、40ページ近くあって、もはや論文・・・。

すっげー。

なんか自分の卒論、修論がなさけなくてしかたない。

うん。研究頑張ろう。まじで。

※画像は後程入れます。しばらくお待ちください。


日々 | 01:15:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月27日
この日は、特に何もなく、Faibくんとご飯を食べに行く。

どこか、おいしくて有名なところと言ったら、

この間、Yukata fashion showでお世話になったRahma先生のお店へ。

Kafe Midoriにて。

ドリアンジュースをいただいた。すんごい味。ちょっとえぐい。



次に、Roti sumbuというものを食べた。すっごいおいしい。これははまりそうな味だ。



最後に、Nasi gorengをいただいた。



Faibくんが最後の最後に、“Saya tidak ada uang”とか言い出した。次おごるからおごってとさ。
まぁ、Faibくんはたしかにおごってくれるからここは私が出すことに。



と思ったら、Rahma先生がご馳走してくれた。

すっごいありがたい。絶対にまたここに来よう。

今度は、何人か連れて。

※画像は後程入れます。しばらくお待ちください。


日々 | 00:49:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月22日-23日
なぜか、なぜなのかわからないが、またもや記事が書けなくなって4日間。記事が書けないといういうより画像が一枚もアップロードされない。

しかも、この現象はKaoriのみ。いやになるわぁ。

とりあえず、インドネシアでの生活はあっという間に1ヶ月が経ってしまった。
いろいろやばい。

この記念すべき1ヶ月記念に(正確には、4月20日にマカッサル入りしたので1ヶ月と2日)何かしようという事になって・・・というのは嘘だが、

慧子やんが“カラオケ行きたーい”というので、カラオケに行くことに。慧子さん、Evelyneさん、Nhiniさん、そして、Evelyneの妹、デシー?さん、あと、ニョンくんとともに。

Viztaというカラオケ屋に入る。日本語の曲も意外とあって驚いた。もちろん、日本の曲を歌う。選曲は適当。SMAPやMongol800やB'zなど。





ついでに、最近覚えたインドネシア語の歌をどうしても歌いたくて、歌ったら

すごくウケた。

Putih abu-abuという学園もののインドネシアドラマがあるのだが、そのオープニング曲: Blink(女性グループ)のDig dag dug(Putih abu-abu)である。

歌詞がシンプルでわかりやすいのとリズムがすごくいい感じなので好き。

約2時間、わいわい盛り上がって、部屋代の精算へ。

日本と違って1人1人料金が決まっているのではなく、部屋で1つの価格。この時の1人あたりの金額はたしかRp. 20.000ぐらいだった気がする。やっすい。

その後、pete-peteもなく、Nhini宅で夜を明かした。ありがとうNhiniさん。

そして、次の日、朝。やはり、インドネシア人の朝は早い。

彼らは、朝2時に寝ようが3時に寝ようが、かならず、朝5時には起床している。信じられん。

朝ごはんまでご馳走になってしまった。なんだか申し訳ない。

朝ごはん後、だらだらと過ごしていて、何気なく私がショルダーバックを買いに行きたいという話をEvelyneさんにすると、

一緒に探しに行ってくれることに。

Malで探すが、欲しいものは見つからなかった。しかたなく、色が好みではなかったが、後悔したくないので、いちお、それらしいショルダーバックを買った。

バリには、ショルダーバックが結構売ってるらしいので、今度探してみることにする。

そして、帰りに、ケバブを食べて帰還。






日々 | 18:35:37 | トラックバック(0) | コメント(1)
今日の虫
5月20日の虫たち。

この材置場がすごく良い。タマムシとかいろいろ集まってる。
ただ、だんだんと撤去されていってるのが悲しい。



ゴマフカミキリ類。お土産が一つできた。



今日の敵。
キアシナガアリ?。すごいたくさんいるし、やたらめったら噛みついてきて結構痛い。



ちかくの樹の上でサシガメゲット。でかい。おそろしい。



クチキムシダマシの一種。たくさんいる。動きが早くて写真撮るのが難しい。



うーん。いつもと一緒でつまんない。蝶とかトンボとか撮影してみようと。


| 21:32:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
5月20日
この日、特にやったことといえば、スケッチを進めることとインドネシア語の勉強であった。

最近は、インドネシア語の勉強のために昆虫の検索表(インドネシア語バージョン)を使っている。

Kunci Determinasi Serangga (昆虫の決定キー)



中は、それぞれの目(order)の説明と科までの検索表、そして、その目内のいくつかの科の特徴が書かれている。



インドネシアでの通称もあって、覚えるのが楽しい。

ハネカクシ科は、Kumbang kalajengking。“サソリ甲虫”だそうな。たしかに、サソリみたいに腹部を上げてはいるけど。デオキノコとかどうすりゃいいんだ?

ツチハンミョウ科は、Kumbang lepuh。“水ぶくれ(やけど)甲虫”。カンタリジンでのやけどというか水ぶくれが印象的なのだろう。

テントウムシ科は、Kumbang kubah。“半球形甲虫”。確かに半球形の甲虫だわ。

よし。やる気出てきた。がんばろう。


日々 | 15:03:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日の虫たち
5月20日夕方~夜にかけて、UNHAS構内をお散歩しながら採集をしてみた。

材置き場に行くと、あのタマムシがいたので、パシャリ。



そのタマムシの付いている側とは反対側にゴミダマ。
その後、落としてしまって行方知れず。



ゴミダマ?の小さいやつ。たくさんいた。



ナガシンクイ科の一種。材の切り口に数匹付いてた。



ライトをちらっと見て回ると、カブト♀発見。ヒメカブトかな。



帰ってきてから撮影したやつ。
クチキムシダマシ科の一種。かなりたくさんいる。



チビキカワムシ科のハネカクシダマシの一種。ハネカクシダマシ類を初めて採集した。こいつもそこそこいた。



そして、デオキノコ。この種類はなぜか、ある一か所のキノコだけでしか採れていない。そのキノコ自体はどこにでも生えているのになぁ。陰になってるとことか掃除されてない場所とかいろいろ要因があるんだろうなぁ。



すごいぞ、UNHAS。もっとまじめに採集したらどんなんが採れるんだろう。
人の目がかなり痛いのでざっくり採集になってしまうんだよなぁ・・・。


| 14:39:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
・・・の裏側
修論のときに、デオキノコの翅の裏側をSEMを使ってみてみたら、なんか棘のような突起のような毛束のようなものが、末端に存在することを見つけた。



たぶんに、大したことはない発見なのだが、とりあえず、この意味を調べてみたくて、デオキノコの上翅の片方だけを取り去るという実験をしてみた。

こっちに来て、大きなデオキノコ(Scaphidiumとか)を見つけられないので、しかたなしにScaphisoma(2mm前後)のものでチャレンジ。

のり(lem)を使って、肢を動かなくさせる。ちなみにこの“のり”瞬間接着剤とかじゃない。

どうにか、のりで足を固定したあと(動きを鈍くさせただけ・・・)、上翅の片方をなんとかしてピンセットで取り去った。むろん、虫は生きている。

そうすると、翅がびろーんと伸びきった状態のままになった(写真がうまくとれない・・)。



むむ。これは、やはり山迫さんが言ってたように後翅を固定する(伸びきらない)ための役割を担っているのではないだろうか。

調べてみると(たまたま後輩の村上君が持っていた翅についての文献から)、アリヅカムシでは、野村周平博士によって翅構造について詳しく書かれていて(野村、1997)、どうやらさきほどのものは、収納装置(後翅の固定装置)の一部のようだ。

SEMで示したものは、鱗状突起群と呼ばれているようで、上翅の末端部から上翅が出ないように、固定するための部位のようだ。

アリヅカムシは、腹節が固着していて動かせないので、上翅と腹部背面の構造が発達して、翅の出し入れや固定を行っているらしい。いわゆるハネカクシ達にはこの末端部の構造はないらしい。

修論のあとデオキノコムシの日本産全属(10属)だけだけど調べてみると、どのグループでも上翅の末端にこの構造物を持っていた(ちょっと突起の長さは変わるけど)。
ということは、このグループも何かしらの要因で、翅が飛び出ないような構造を持ったという事になるのだろう。

なんでかなぁ。腹部は別に固着してないはずなんだけどなぁ。

要検討だな。日本に帰って電顕使ってもっと詳しく翅の裏側と腹部背面の構造物の状態を確認しよう。



ちなみに、デオキノコは、ハサヌディン大学構内で得られたもので、解剖は、土壌の研究室 (ILMU TANAH)の実体顕微鏡を借りて行いました。

Agnes先生、Jayadi先生ありがとうございました。また、使わせてもらいます。


| 23:38:49 | トラックバック(0) | コメント(1)
今日の虫
日本語学科の近くにあった伐採木をお昼に、見に行くとタマムシがいっぱい付いてた。

飛ぶの早いからなかなか捕まえられなかったけど、どうにか6匹ゲット。



2種類いた。

1種類目。小型のタマムシ(名前わかんない)



2種類目。中型?のタマムシ(名前わかんない)



中型のタマムシがたくさんいて、採り放題だったけど、素手では4匹ぐらいしか採れなかった。

出来る限り、毎日どこかでムシ採りして写真を撮ろうと思います。Semangat!


| 19:49:16 | トラックバック(0) | コメント(1)
5月15日
この日は、Faibくんと約束していたsarabbaを飲みに行くことに。

もちろん、Faibくんのおごりで。ちなみに2人だけである。

Arauddin通りにあるお店に入る。看板に、でかでかとsarabbaと書いてあるのが印象的。



中に入って、sarabba telurとpisang goreng、ubi goreng(ほんとはubi ~という種類が書いてあったのだがおぼえていない)、ayam goreng+nasi kening、bakwanを注文。





写真左下のものがsarabba。しょうが(jahe)の風味が強い。

sarabbaは、以前にgorontaloに連れていってもらったときに飲んだことがあったので、心配なく飲む。

うん、おいしい。

pisang goreng(バナナ揚げ)もおいしかった。

そして、ubi。さつまいもなのかわからないが、すごく甘い芋だった。おいしい。

そして、初めて食べるbakwan。

一かじり。中には人参、もやしなどの野菜が入ってた。

野菜と小麦かな?を使って練ったものを揚げていて、日本でいうお好み焼きに味が似ていた。

すごくおいしい。今度は、一人で買いにこよう。

もちろん、ぶんくすで。


料理以外で、この店は、2つおもしろいことがあって、1つは、2階がカラオケボックスでかなりうるさいこと。

そして、もう一つは・・

店員におかまが多いことである。

Faibくんが、しきりにcawek-cawekというからなにかと思えば、マカッサル語でおかま(banci)のことを指すらしい。

たしかに、店員はどことなくKABAちゃんに似ていたなぁ。動きも女性っぽかったし。

その店員を呼ぶときは、mas(お兄さん)ではなくmbak(おねえさん)と呼ばなければいけないよとFaibくんに教えられた。

知るかよそんなん。ぶんくすするために、間違えてmasって呼ぶところだったじゃねーか。


と、おもしろいこともあって、Faibくんにおごってもらって、帰還することに。

明日は、ご飯おごってね、と帰り際に言われて、次の日もFaibくんとご飯を食べに行くことが決定。

何食べに行くのかなぁ。たのしみ。


日々 | 14:16:13 | トラックバック(0) | コメント(1)
ぶんくす
日々、この国で生活するうちに、この国では、“ぶんくす(bungkus)”という習慣がふつうであることが分かってきた。

というか、日本でもやらんことはないがこの国はやりすぎな感がある。

そして、無駄にクオリティが高い。

少し、“ぶんくす”について紹介しようと思う・・というかしたい。

最近、ご飯を食べて、ビールを買って、帰って飲むより、やっぱりなんといってもご飯と一緒に飲みたいという気持ちが高まってきて、どうにか持ち帰りができないだろうかと考えた。

そしてこれが“ぶんくす”の始まりであった。

店に入って、よく見ると、ご飯やら何やらをお持ち帰りしている。

よくよく後で、慧子さんやインドネシア人の方に聞いてみると、“ぶんくす”といえば持って帰れるということを聞いた。

よし、よくわかんないけど、“ぶんくす”って言って買ってみよう。

近くのお店(warung)でAyam goreng lalapanとNasi uduk(ご飯をココナッツミルクで炊いたもの)の持ち帰りに挑戦。

[最近、このnasi udukにはまってる。安くて多くてうまいという3拍子揃ったご飯だと思う(お値段はRp. 3.000(30円))。]

そして、それぞれを1つづつ頼んだ後、

saya: ぶ、bungkus。mas: (?_?)。

やべぇ。伝わってないのか?そういえば、NhiniさんがTolong dibungkusといえばいいとか言ってたぞ。

saya: Tolong dibungkus。mas: (゜_゜) b。



よし、伝わった。

そして、これがぶんくす。



開くと、



すごい。綺麗にまとめられてる。

ちなみに、Roti canaiというインドのナンみたいなやつをぶんくすしたら、



カレーもぶんくすしてくれた。

液体でもなんでもオッケーなのか。すごいぞ。ぶんくす。

ということで、最近は、作るのも面倒だし、買ってもかなり安いので“ぶんくす”か店で食べている。




日々 | 23:21:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月10日
この日は、さとこ改め慧子さんに誘われて、大きなショッピングモールtransmallに行くことに。

そのショッピングモール、すべてのものが日本とほとんど値段が変わらなかった。たけぇ。

シャツ買いたかったけど所持金2000円(Rp. 200.000)で買えるものはなかった・・・。

夕方から、Agnes先生のお誘いでご飯を食べる。

Agnes先生の発案で、Menu表からインドネシア語の勉強を。

食べ終わって、記念撮影。



ほんと、ここの人たちは写真好きだなぁ。


日々 | 20:53:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月9日
パソコンが雨に濡れたせいなのか。Pkpでねっとにつなげなくなってしまって3日。

また、Kaoriでも管理画面に入れず・・・。何が悪いのか訳が分からない。

まぁ、また、Pkpでネットが使えるようになったので更新。3日間もいろいろあったが、写真を撮り忘れたので、飛ばします。


この日は、Ekaさんという英語学科の女の子の誘いで、インドネシアの結婚式を見に行くことに。

初めて赤ペテ(pete-pete merah)に乗って、Gowaというところへ。これが、なんとまぁ、2時間近く、pete-peteに乗車。遠いよ。

とりあえず、着いて、たくさんのご飯をご馳走になり、“結婚おめでとう Selamat menempuh hidup baru”という覚えたての一文を唱える。

そして、記念撮影。



めっちゃ派手。そして、新婦めっちゃ汗かいとるし。

すごい人と食べ物とすごい新婦と。面白い体験だった。


日々 | 20:45:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月6日
この日は、Rini校長先生とKapurungなる食べ物をご馳走になった。



どうやらKapurungがサゴヤシ(の実)のことらしく、野菜スープの中にそれが入っていた。

ちょっと甘みがあるので、野菜スープにはどうかと・・・。

でも、おいしかった。普段油っぽい食べ物ばっかりなので、野菜もいっぱい入っていて、さっぱりしていてよかった。

でもやっぱりKapurungは、どっか違う料理に入れるべき気がする。甘いなんかパフェ・・・。なんかちがうかなぁ。


日々 | 20:35:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月5日 Yukata fashion show...
とうとう本番の日がやってきてしまった。

朝から、ダンスやら歌のパフォーマンスを見て、自分の番を待つ。







かなり、緊張する。

お昼すぎに、Rini校長宅へ。

みなさん、おめかししてla Macca Hotelへ。





緊張しすぎて、少し間違えちゃった。

まぁ、いいか。Tidak apa-apa。

その後、みんなでmie kerilingを食べた。
初めて食べたけど、なんだか皿うどんみたいな感じ。

みんながだべってる中に入って、遊ぶ。

すっげぇ疲れた。すぐに寝る。


日々 | 15:23:13 | トラックバック(0) | コメント(1)
5月4日
この日は、朝からさとこさんとmie pangsitを食べに行った。

MTC近くのチャイナタウンへ。肉が豚なので、あんまり食べに行けなくて行きたかったらしい。

私も初めて食べるのでラッキーだったけど。



その後、pantai losari周辺のoleh-olehを見て楽しむ。

そして、お昼にimigrasiへ行って、やっとこせ出来たKITASを受け取る。

そうこうしているうちにYukata fashion showの練習へ行く時間へ。

Faibくんのバイクに乗って、実際にshowの行われる会場la Macca Hotelへ向かう。



リハーサル。



ダンスや歌のパフォーマンスがあった。AKB48のヘビーローテーションを完全再現したダンスが一番印象的だった。

終わり際に、すさまじいほどの雨が降って、道路は水浸し。余裕のくるぶし越え。

Bansilというそうだが、これのせいで、帰りが遅くなる。

雨もやみ、Faib、Anas、Afdelとでcoto daengを食べに行く。今日はもちろんcampur。
臓物系が意外とおいしかったけど、kulitがちょっと獣臭かった。

その後、pisang epeという料理を食べに連れてってくれた。





次は、Faibくんがsarabaを飲みにつれってくれるそうだ。楽しみに待とう。


日々 | 14:10:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月3日
前日食べたcoto daengはどうやら、それだけでは注文できないみたいだ。

たしかに、彼らが注文したとき、なにかを言っていた。

Rini校長に聞いてみると、どうやら中に入れる牛肉の部位を言わないといけないらしい。

ということで昨日食べたのは、どの部位だったんだろ。また、行くしかないな。次はcampurで。

夕方4時くらい(結局始まりは6時)からは、また、Yukata fashion showの練習。



今日は、女性の帯付と歩き方指導。あとは、最終チェック。



ちなみに写真左はFaibくん。面白い子。

10時前まであった。長いなぁ。疲れて寝る。


日々 | 00:20:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月2日
この日は、前日に廣田先生に会うことが出来ず、パソコンのデータ救出をできなかったので、それをすることに。

HDDが壊れていないことを祈り、SATAを刺し、電源を入れると。

動いた。何とか、ローカルディスクとして読み込んだ。

これで、データ救出は一安心。

しかし、肝心のパソコンは、なぜこわれたのか不明。

電気は通っているみたいだから、たぶんどっかが断線したか、焼けたか。

いずれにせよ。私にはどうしようもできないので、プロに頼んでいただくことにした。

そして、そうこうしているうちにYukata fashion showの練習の時間がやってくる。

3時集合だったのだが、集まったのは10人中4人(先生も少し遅刻)。

最終的に全員がそろったのが4時半を回ったころだった。

そのためか、先生が大層ご立腹のご様子で、完璧にできるまで今日は帰さないぞと脅してきた。

みんな必死になって頑張った結果、6時半すぎに帰れた。

その後、Faibという男とCoto daengを食べたことがないという話をすると、じゃあたべいこうーぜと誘われたので行くことに。

加えて、VikaさんとRianさんという女性2人も来ることに。

システムがよくわからず、注文してもらった。

ここで、たわいもないはなしで楽しむ。彼らに、私がいろいろ食べたことがないことを伝えると、また、明日か明後日ということで解散した。

Faibのバイクの後ろに乗ってKaoriまで送ってもらって、今日は終了した。


日々 | 23:16:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月1日
この日は、朝から廣田先生のパソコンのデータ救出のためのIDEおよびSATA接続のノートパソコン用からデスクトップ用 (2.5 inch HDD → 3.5 inch HDD)の変換コネクター探しに行くことに。

朝、Rini校長とたまたま遭遇し、PCショップを聞いてみると、すぐ近くにあるということで、地図を書いてもらってそこへ向かう。

MTCというショッピングモールのような感じのお店。1階は服売り場。2階は携帯ショップ売り場。3階はPCショップ。

所せましといろんなものが置いてあって狭い。とにもかくにも語彙の少ないインドネシア語を駆使して、いくつかのショップで聞いてみる。

IDEとSATAはあるのになぜ変換コネクターがないんだ。

やっとの思いで見つけ出した。店の作りが悪い。部品売り場は売り場でかためておけよ。
いちいち端までいくのめんどだろーに。

その後、また、imigrasiへ行くことに。

指紋と顔写真撮影のためである。

少しばかり時間がかかって三時過ぎに終了。

その後、Pkp行って、記事の更新をしてKaoriへ帰宅。

さくっと帰宅したように感じられるが、実は、UNHASからKaoriまでpete-peteで約1時間ぐらい。毎日朝と夜1時間ずつかかっている。

さらに、デモなんかがpolisiの前で起こってる日にゃあ、もう1時間どころではない。

ちなみに青いpete-peteと赤いpete-peteがあって、赤いpete-peteは市外へ行くやつで、青いpete-peteは市内をぐるぐる回っている。
青いpete-peteは、どこまで乗ってもRp. 3. 000 (30円)。しかも番号によってどこをどういう風に回っているか決まっているし、運転手のおっさんにルートから極端にはずれさえしなければ、適当に降ろしてもらえる特典付き。

いいね。pete-pete。運転粗いけど。

赤いのはまだ乗ったことない。いずれ乗ろう。


日々 | 22:54:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月30日
実は、前日の記事で触れていないが、前日にちょっとした事故が起きていた。それは、先生のパソコンを使ってデータをスキャンしようとした時だった。

ドライバーをダウンロードして・・・??!!!

いきなり、電源が落ちた。

そして、一切立ち上がらない。どっかに負担がかかりすぎて逝ってしまったのか?

その後、CPUのほこり除去をしようとバラシにかかるが、ねじがおかしくてはずれない。あきらかに分解した後が・・・

ということで、こんどは、先生のパソコンからデータの救出という仕事をしなければいけなくなった。うーむ。最初から自分の使ってればよかった・・・

という事態はまた、後でどうにかするとして。

この日は、朝から廣田先生宅で朝ごはんをごちそうになり、急いでpete-peteのJに乗って、Kaoriまで帰ってきた。

急いでいたのは、朝からRini校長先生との授業があったからだ。急いで帰ってきたけれど、先生がいなかったので一安心。どうやら遅れるとのこと。

お昼まで授業を受けて、その後、すぐさまUNHASへ。

これは、imigrasiに提出しなければならない書類を出すために書類確認のため経由していくことに。

提出した後、UNHASへ戻って、そこからpete-peteの05に乗ってKaoriへ戻る。

そして、この日さらなる予定外の出来事が。

帰ってみると何か集まってみなさんがやっているではありませんか。

どうやら5.Mei. 2012のチャリティーイベントのためのYukata fashion showの練習のようだ。

出るつもりなど毛頭なかったのだが、話だけを聞くつもりで何をしているのかを尋ねたら、
人数とくに男性が1人足りないと言われ、さらにどうしてもと言われたので・・・やることになっちゃった。

そして、その日夜9時半までなぜか動きと位置取りといろいろ練習があった。

ぐぬぬ。まさかすぎる。めっちゃ恥ずかしいんですけど。

まぁ、外国だからいっかと楽天的に考えてその日は終了した。


日々 | 22:31:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
復活
なぜか、わからないが、今日、先ほど管理画面に入ってみると、ほんとなぜか入れるようになっていた。

どうも忍者ブログ特有の障害のようで、以前から知られていたみたい。

とりあえず、復旧したので、これからは、Kaoriで書き込みができるかな。


日々 | 22:08:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月29日
この日は、廣田先生(シニアJICAの方)に御呼ばれして、廣田先生宅でお食事会。

モールのMPという場所に集合だったのだが、場所がよくわからず、pete-peteで通り過ぎてしまう。とりあえず、もう一度乗りなおしてどうにか着いた。

ほんとは、Dapur choklatという店の前で集合だったのだが、pete-peteの運転手が知らなかったので、別の場所に。

さとこさんとnhiniさんとともに廣田先生宅へタクシーに乗って向かおうとするが、しかし。

なんと、そのタクシーの運転手は新人で、住所を見せても全く分からず、nhiniさんの誘導でどうにか到達した。

運転手曰く、palopoから来てまだ日が浅いんだよーと笑う。知らんがな。

着いてみると、めっちゃ人がいた。そして、廣田先生宅めっちゃ広い。しかもどうやら廣田先生の誕生日会のために集まったらしい。知らんがな。



とりあえず、私は、いろんな人たちと会話して楽しむ。UNHASの英語学科の子たちと知り合いになった。ナルト話で盛り上がった。

JICAの日本人女性3人とも知り合う。

誕生日の余興が日本人によって披露される。



その後、なぜか私は、バースデーガールになにかやれと言われ、数少ない手品を披露して、その場を乗り切ったが、精神的には大きな負担が。

みなさんが帰っていくなか、夜になって日本人ばっかりになったときに酒をご馳走になり、そのまま、廣田先生宅へ泊ることに。

インドネシア語の勉強会をすることがその日の夜の会話の中で決定。すごくありがたい。


日々 | 17:07:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
4月28日
この日は、日本語のスピーチコンテストが朝からあった。

ぜひ、参加してくださいとのことだったので、行く。

しょっぱなから、みんなあたりまえのように遅刻してくる。

Jam karet。どうやらこんな風に言うらしい。karetは、ゴム。時間が伸びるということらしい。

9時スタートが9時半スタートに。

それから、開会の式辞があり、あるインドネシア語学科のおっさん(教授?)の話が異常にながくてみんな飽きて喋っていた。
アドリブで話すのはやめようーぜ。

そして、“桜踊り”とよばれる日本語学科伝統の踊りを披露。
なんかジルバブと浴衣って違和感あるんだよなぁ。



スピーチコンテストがやっとのことで始まる。

全部で10のスピーチがあった。
1. デモンストレーション(Demonstrasi)
→ 大学生などがデモを行うことに対しての意見や感想だった。ガソリンの値上げに対してデモを起こすことの勇気について語り、暴力的であることをやめるべきだと述べていた。
2. 夢は無料 (Mimpiitu gratis)
→ 夢というのはだれもがタダで持つことのできる大事なものであると。吉田松陰の言葉や本田宗一郎(HONDAの社長)の言葉を引き合いに出して述べていた。夢を持つことの大事さを説いていた。
3. 私たちの宝物 (Harta karun kita)
→ 友情や愛情、人への優しさなどについて語っていたと思われる・・・。というのもよく聞き取れなかったのが残念。
4. 無くなってきたインドネシア人の習慣 (Kebiasaan orang indonesia yang sudah mulai hilang)
→ インドネシア人の習慣ということで親の手にキスをすることについて語っていた。親に対して感謝や礼儀をもって接するべきだが、その習慣が失われていることを危惧するような内容であった。
ただ、インドネシア人の習慣というよりもムスリムの習慣だとか・・・しかもキスというよりも親の手を自分の頭に―という感じらしい。
5. ほほえむということ (Senyuman)
→ ほほえむということで、いろんな人を元気にしたり、彼氏ができたり、とほほえむということは大事だと述べていた。
6. 思春期の女性を教育する両親の役割 (Peran orang tua dalam mendidik anak perempuan di masa puber)
→ フリーセックスであったり、エイズの問題だったり、という感じの話だったがこれもまたあまり聞き取れなかった。
なんでこの話にしたんだろ。
7. 魔法の言葉 (Bahasa ajaib)
→ 日本人が何気なく使う、シーンとかザーザーとかいう言葉を題材にあげて、言葉を表しにくいものに対してもこの言葉が有効で、インドネシア語にはない言葉だと述べていた。
8. どこでもタバコを吸う危険 (Bahaya merokok di sembarang tempat)
→ 副流煙や主流煙、運転中の喫煙の危険さについて語っていた。
これもよく聞き取れなかった。
9. インドネシアを人気者にしよう (Mari jadikan Indonesia terkenal)
→ インドネシアを人気者にするためにどうしようかという問いに対して、インターネットを使って、地元マカッサルを日本語、英語、インドネシア語で紹介するという内容。その結果、いろんな人がマカッサルやインドネシアに対して興味を持ってくれたというお話。
10. ボーイバンドとガールバンド (Boyband dan girlband)
→ 近年のボーイバンドとガールバンドは、バンドに必要不可欠な歌への力(歌唱力)が乏しく、イケメンやダンス中心にシフトしているということを危惧する内容であった。

この大会の前に一度発表練習を聞いたのが、2, 4, 5, 7, 9の5作品だったが、これを聞いたときに7のお話が非常に面白くてびっくりした。たぶんこれが一番だろうと予想していた。



結果、第3位: 9, 第2位: 2, 第1位: 7であった。
この間知り合ったIMANという男の子と予想し合っていて、彼は順位まで正解であったので、“おれも審査員できるし” とか言っていたから、とりあえず叩いておくことにした。

その後、外交という日本語の授業があるらしいのでIMANのバイクの後ろに乗って、移動するが今日は休講ということを途中で知る。なのでちょっとみんなと会話して、帰宅。


日々 | 16:34:02 | トラックバック(0) | コメント(1)
4月27日
今日は朝からimigrasiへ行くための書類集め。

昨日もそうだが、niniさんという方にかなり手伝ってもらう。

どうにかお昼過ぎに揃う。

お昼は、何人かでKantinへ。



そして、imigrasiへ。

書類の不備があった。

作り直しの書類が一つ追加された。

めんどい。そして、niniさんいろいろ手続きで迷惑かけてごめんなさい。

また、月曜に書類提出しなきゃなぁ。火曜日には写真撮影と指紋押捺。

Satokoさんという人とも知り合う。タメ。




日々 | 19:06:42 | トラックバック(0) | コメント(1)
4月26日
この日は、朝からmakassar imigrasiに行って、お昼前まで手続き。

どうやら、たくさんの必要書類があるようだ。

Kitas用の書き込み書類一式を買い、書類に記載を行い、提出・・

したけど、なんか全然書類が足りないと言われ、出直しが決定。

UNHASの事務局へ行って、手続きを進めるが、これまた、RISTEKからの書類がなくて出直しが決定。

結局、書類は何をそろえればいいかだけがわかり、いろいろ終わらず。次の日の朝から書類集めが決定。

受け入れをしていただいたUNHAS大学のAgnes先生にお会いするために、会議室の前で待つ。

この日は、UNHASの農学部生のための短期日本留学の面接日だったようで、その会議と面接をAgnes先生が担当していた。

というか日本留学希望者の多いこと多いこと。ちょこっと会話して、遊んでAgnes先生と合流。

その後、みんなでご飯を食べに行く。



Agnesさんにごちそうになる。ごちそうさまでした。
帰宅は9時過ぎ。

インドネシア語を勉強。その後就寝。


日々 | 18:22:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
なぜか・・・
今、住んでいるKAORIからブログを更新するつもりであったが、なぜかブログの管理ページにすら入れない状態になってしまって、4日が経ってしまった。

復旧作業にいろいろとやったが、解決せず。

あきらめて、別の場所で書き込むことにした。UNHASのPKPという京大と関わりのある施設にお邪魔しています。

ここには、第7回京大東南アジアフォーラムの発表要旨が置いてあり、中には、高須賀さんの発表内容が書かれておりました。

とりあえず、この4日間の記録を更新したいと思います。


日々 | 16:58:04 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。